2009年04月18日

再生世界より 『 i 』



■物語について

どんな些細なものにも意味はあるんだと。
進みすぎた文明の兵器に心が芽生えます。

下の世界の惨状、
人々の弱さを見て上の世界は間違っているんではないかと。

ついに自分を創ったものに矛先を向けるに至ります。
そんな状況に置かれた自分の存在と倒さなくてはならない相手の関係。その意味を知って彼は泣くのでしょう。

■楽曲について

真空管を通し、太いアナログ感を出したリズム体。
その上に力強いMEIKOの声とシンセをプラスしました。
優しい楽曲の多い『再生世界シリーズ』。
その中を通しても非常に印象強い楽曲になっています。
自分を産んだ相手への裏切り。
それは理想として正しい事ですが、感情としては非常に辛い事に違いありません。
posted by 涼風涼雨 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 近未来都市シリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28548517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック