2010年12月22日

天空の回廊より 大きな壁に遮られて



●物語について

その時になって僕たちはようやく分かったんだ。
あの塔には選ばれた人しか昇れないという事に。

どこにこんな沢山の人が居たんだろう。
塔へと群がる人々の前に巨大な壁。

僕たちはこの広い世界に閉じ込められてしまった。

自分の求めたものにすがる人たちは何て醜いんだろう。
その手を一度離してみよう。
違う道が開けるかもしれない。

心の中にそびえ立つ壁を乗り越えられれば、まだ生きていける気がする。

●楽曲について

jazzを取り入れたシンセ楽曲です。
都会的でどこか寂しい。それで居てバラードともポップスとも言い辛い。
私らしい厄介な作品に仕上がりました。

ピアノとアコースティックギターだけでも十分成り立つのですが、
SFテーマなのでシンセを取り入れています。
リズムとメロディーを重視しましたので、そこに着目してお聴きいただければ幸いです。
posted by 涼風涼雨 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 近未来都市シリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42209139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック