2011年02月06日

天空の回廊より 運命の日 上



●物語について

失ったものに後悔ばかりしているから。
僕は前に進む事が出来ないんだ。

自発的に受け入れる事が出来れば、これからの毎日を始められるはず。
そうだ、ここから僕の全てが始まるんだ。

子供から大人になるために必要な事。
20歳になれば何かが変わる訳も無い。
大切なものを失ったり、心に大きな衝撃を受けること。


やっと輝かしい毎日に目を向けられるようになった。
その運命の日。

●楽曲について

ミクのポルタメントを使用してみました。
ちょっとたどたどしい歌い方になってしまいましたので、
ここは調整が必要です。

少しアップテンポでジャズを取り入れた楽曲になっています。
終わりは「約束」のメロディーを取り入れたピアノソロになります。
自分の中では、ここで「エレベーター」を降りていく感じ。

上の人と下の人は互いに幼かったから、離れ離れになってしまいました。
時間と共に成長する2人。
自分達の過ちを認めて、失ったものの大切さを実感します。
posted by 涼風涼雨 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 近未来都市シリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43267569
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック