2013年11月07日

配られたトランプで勝負するっきゃないのさ・・

スヌーピーの名言が大好きです。
昔、全巻家にあったのになー。
ぼろぼろになってきたという理由で全て捨てられてしまったらしい。

http://matome.naver.jp/odai/2135287294190837301?&page=1

最近になって結婚話題が良く出るようになりました。
上司から
「涼風、結婚しんのかー! さっさとしないと後から失敗して後悔するぞ!ウワッハッハ」
という発言や、一部の友人からもそういう話題を出されますね。

色々とありましたが、こういう話題を出してもらえるようになったのは有難い事です。
自分は音楽がやりたいから、まだまだしないんだよー。という発言でのらりくらりと回避しておりますが。

本音は違うのです。
付き合って直ぐ結婚して上手くいった方がおります。
こういう発言をする方はほぼこのタイプの方々です。
彼らはそれで良かったのでしょう。
大変素晴らしい事ですし、結果として上手くいったのなら誇れる事です。

私はどうしてもそう出来ません。
1年半〜2年はお付き合いして、そうして自分の意思を固めていき将来設計を考えていきます。
その結果、失敗する事になったとしても仕方が無いじゃない。
私はそのように考えてしまうように生きてきたのだから。
笑われたりするかもしれませんが、これで良いのです。
司馬遼太郎さん的に言えば、
自分の考えをしっかりと持ち、後のことは天が決める。といった所でしょうか。

世界はしらないうちに社会のしがらみに縛られるように出来ていますよね。
結婚もそうだし、世間体というやっかいなものがあります。
私も平凡な人間なので何とも言いかねるのですが…。
本当の自由の意味がこの辺りの考え方にあるような気がしてならないのです。
posted by 涼風涼雨 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2013年08月22日

彼女の作り方

何か、広告系のサイトでありそうな題名になってしまった。

なぜか色んな方々から頼まれるのですよ。
こいつに彼女を作らせてやってくれ!って。

色んな人を飲み会に誘ったりするのですが、
そういう方々に限って無口だったり場を楽しめないでいる。
非常に難しい所です。

いつも思うのです。
場は提供できますが、最後の一歩は自分で踏み出さないといけない。
連絡先を聞いたり、誘ったり、話しかけたり。
全てを人に頼んでいては、責任を人に求めてしまうようになります。

外見とか仕事とか・・・あれこれとステータスはありますよね。
それを置いておいて、男目線で男性に必要だと思う事が一つあるんです。
それは哲学です。
結局の所、人生は自分の行動で決まります。
自分は何を目標にしていて、それに向かってどんな行動を取っているのか。
それが決まっていれば、全ての行動に理由がつけられるはずです。
そういう方は芯がしっかりしています。受け答えも十分に出来ますし、流されません。
人からの評価で自分を評価しませんし、責任感もあります。

こうしたら嫌われるんじゃないかな?という事と、
寂しさや孤独をアピールする事を考えから取り除くと良いと思うのです。

自分に魅力が無いのに、相手に魅力を求めるというのは身勝手に感じます。
最初に自分の自信の無さを話して相手に受け入れて欲しいという、
母性への憧れも未熟に感じます。
自分はこんな人間だ。こういう人生を歩もうとしている。
という事を話せるようになれば、おのずと魅力的になるのではないでしょうか。

と、この3年半で感じた事。
posted by 涼風涼雨 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2013年07月08日

大好きな夏

梅雨も明けまして、夏らしくなってきましたね!
夏が大好きなんです。
強い日差しと爽やかな人並み。見ているだけで心がワクワクしてくるじゃないですか!

今日は仕事が休みなので、色々と作業をしています。
1年以上アイデアが出てこなかったあのコラボ。ようやく形になってきました。
やっぱり七夕効果ですね!
しばらくしたらご連絡差し上げますのでお待ち下さい。



さて、最近なのですが再会や新しい方とお話しするような機会がありました。
何というか…グループによってなのでしょうが、良い悪いがハッキリしました。

思う事なのですが、とにかく明るさって大事だと思うんです。
失敗しても苦労していても明るさがあれば魅力的に感じます。
反面、自慢や人の愚痴ばかりのグループは社会的には上手くいっていたとしても、暗さを感じます。
何があってこの違いが出てくるのだろう…。

昔、mixiをやっていましたが退会しました。
理由は干渉されすぎる事と、身勝手な攻撃をされるからです。
今回、フェイスブックをしている方々が居たのですが、
昔の同級生らと自慢や僻み合いばかりしているような話でした。

人の情報を見て自分の価値観を決めてしまうというのは残念な話です。
自分の価値観を決められるのは自分だけです。
興味を持って行動し、
自分の憧れる自分を目指していけば周りと比べる暇などあるはずがありません。

真剣な話はしっかり聞いてあげる。
そうじゃない時は少しバカな冗談を言い合って笑っている。
そのくらいの関係が一番好きです。
posted by 涼風涼雨 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2013年06月09日

仙光花火 結婚式

本日、仙光花火の二人の結婚式がありました。
10年間見守り続けてきた二人の結婚。
幸せが形になったような素晴らしい式でした。

仕事で嫌というほどの結婚式を見てきた私ですが、
この二人の結婚式は全くの別物でした。
色んな思い出が浮かんでは消え、浮かんでは消え…
胸が一杯になり、感情が抑えきれなくなる事ばかりでした。

本当に良かった。
心の底から二人へ幸せを願うことが出来ました。

二次会では懐かしい方々や新しい方々と出会うことが出来ました。
これからより活動の幅が広がっていく事でしょう。



さて、他にも良く分からない感情という物もありました。
二人の姿を見ると、どうしても自分の方へと置き換えます。
自分もこんな風になっていたのかなーと。
今更ながらではあるのですが、久しぶりにこんな気持ちになりました。

自分は高校時代からの思い出と一緒に幸せになる事は出来ないと思うんです。
あれは成長の糧となりました。
そうなると、この二人のような幸せは自分も得られるのかな?と疑問に思うんです。
それからの3年間で出会った人たちが星の数ほど居ます。
彼らから祝福を頂けるのだろうか。いや、頂けるに決まっているんです。
しかし、照れ屋な私はそれを素直に受け取れないような気もするのです。

そんな事をごちゃごちゃ考えて、少しだけ寂しさも感じた1日でした。


3年前に結婚式があったら出れなかっただろうな。
今はちゃんと結婚という事に前向きに考えられるようになりました。
凄く回復したのかもしれない。
posted by 涼風涼雨 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2013年04月11日

人生に慣れる

前にも書いたような気がする。

大好きな司馬遼太郎さんも重複を恐れずに同じ事を良く書いております。
私もそれを参考に、同じことを書こうと思うのです。

先日、親友らと泊まりで飲んでおりました。
その日、まず親友の一人と私が合流。
そいつは結婚もし、子供も居る。
ボブサップみたいな見た目の奴なのですが、落ち着きが半端じゃない。
とにかく言いたい事も何でも言うし、食べたいものを食べる、やりたい事をやる。
野獣のお手本みたいな奴です。
しかし、凄く居心地が言いし、何でも言えるんです。

私「今まで自分に無くてお前にあったものがやっと分かった。余裕だ。」
ボブサップ「おお、やっと気づいたか。そういうのを心理学の用語で人生に慣れるっていうらしいぞ。」
私「お前は人生に慣れすぎて失敗しとるもんなww」

という会話をしていました。
人生に慣れる。とは何でしょう。
私なりに考えてみましたが、それは身構えないという事でしょうか。

年とともに自分の得意なこと苦手なことが分かってきます。
苦手なことは準備すれば大丈夫だし、得意なことは強みとしていいのです。

ここ最近は何でも余裕を持つようにしています。
(時間でもお金でも)
それからというもの、人に腹を立てることも減りましたし、何かをしてあげようという気持ちが自然と沸いてくるようになりました。

恋愛もそうだったんですね。
余裕を持って相手を受け入れてあげられるから、優しい眼差しになるんですね。

この3年間。自分が探し続けていたのはやっぱり余裕だったのかもしれない。
確かに最初のころは余裕が無かった。
とにかく大事に大事に、余裕を持って見てあげられるようにしよう。
posted by 涼風涼雨 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2013年03月17日

春爛漫

だいぶん暖かくなってきました。
タイヤも交換したし、コートもクリーニングに出した!
そろそろピンクの麻シャツにでも挑戦してみるか。
と、春なので色々と新しい事をやりたい気分になります。

さてさて、、、去年も色々とありました。
春は出会いの季節ですね。
お兄さんも水面下で恋愛は頑張っております。
同僚と街コンに出かけてみたりなどw
ジムの飲み会などもありますし、おかげさまで新しい出会いはあるものです。
それがどうなるかはタイミングかなと思っておりますが。
良い友人になるのならそれはそれで素晴らしい事ですし。

28歳になると考え方がまとまってくるものです。
私は駆け引きは面倒くさいし分かりづらいので苦手です。
だから何もかもしゃべるようにしています。
考え方とか、どう思っているとか、将来の展望とか。
人は必ず相手に不安感を持っているに決まっています。
(男女関係なく。)
安心感を持ってもらうには、とにかく話した方が良いと思うんです。
伝えずに相手にわかってもらう何てことはまずありえません。
すれ違うばかりです。
自分がとにかく出来ること。逆に向いていない事。
そういう事もオープンにしていくから、人間関係が出来ていくのじゃないかな。
そんな気がしました。

もっとも一般的な意見からは程遠いでしょうが。
自分の意見を信じてやっていくから、人生は面白いんですよね。
posted by 涼風涼雨 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2013年02月15日

ホスピタリティと優しさ

最近、ホスピタリティという言葉を耳にしまして。
「献身」「奉仕」的な意味だったと思っていましたが、何となくもう1度調べてみた。

・「ホスピタリティ」とは、「思いやり」「心からのおもてなし」という意味です。
・「マナー」は相手に不快感を与えないための最低限のルールです。

割とマナーやTPOにはうるさい方です。
こうしたものを守る事が優しさなのかなーと漠然と思っていました。
優しさを定義する事が間違いなのを承知であれこれと考えてきたのです。

ホスピタリティはイコール優しさだと思います。
物を持ってあげる、とか、気遣ってあげるという事は優しさの一つです。
しかしながら、人によってはそれは優しさとは違うと言われます。

今になって感じた事なのですが。
私は2つの事にまとめられるような気がするのです。

その1「その人のために自分を犠牲にして与えられる事」

些細な事でも良いんです。
疲れた人の話を聞いてあげる。
元気な人と一緒にテーマパークへ行く。
自分と趣味の違う人へ、その趣味の情報を調べてあげる。など。
その人にとって必要な事をしてあげるという事です。見返り無しに。

その2「人の好意や感情を汲み取れる事」

相手が自分を抑えてしてくれた事。
相手が自分の事を思ってしてくれた事。
を素直に受け止めて上げられる事です。
相手の立場が分かるとでも言いましょうか。

私は…人に何かをしてあげる事をし続けていましたが、
それは自分が欲しいからだったのかなと思いました。
人の好意や感情を分かりつつも、共感してあげられなかった事もあります。

自分も相手も優しさを持っていて、初めてしっかりとした恋愛が始まるのかもしれませんね。

全部を全部受け入れる必要も無いと思うんです。
無理していくと負担になりますし。
飽和しない状態でお互いに満足できる関係が理想ですよね。
相手の要求がどうしても受け入れられないのなら、
どの程度まで受け入れられるのか。
その結果、友達・親友など、自分の中での立場が決まってくるのでしょう。


何が言いたいのかまとまりつかなくなってきましたが。
こんな事を考えた今日この頃でした。

来週は奈良へ1泊2日の出張ー!
その後はついに5連休!何とか大阪へ行きたいが、まだ細かな予定を立てる時間が無い…。
間に合うといいが。
posted by 涼風涼雨 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2013年02月03日

自分と相手

ここ数ヶ月くらい、人と会ってもかなり自然になりました。
今までは緊張する事が多かったんです。
飲み会や幹事を多数経験した事もありますが、考え方が変わったんだと思います。

自分がどう見られているか、をずっと気にしておりました。
それが相手にどう楽しんでもらえるか、と考えるようになりました。
些細な事ですが大切な事です。

例えば、自分はこんな事をしたら楽しいなーと思い企画をします。
それが相手にとってはそうでも無かった時。
こんな意識のすれ違いが多かったようにも感じます。
今年はとにかく人に感謝できる1年にしよう。


先日、金山でジムの新年会がありました。
50人中知っている人は1人だけでしたが、非常に楽しく終える事が出来ました。
その後、岐阜で同い年のジム仲間と2人で飲み会。
彼も恋愛で色々と悩んだりしているようでして、話が合うんです。

今になっていろいろと考えるようになりましたが、
この3年間も色んな人に迷惑をかけてきました。
そういう人たちに謝りたい。と彼に話していた所…
「そういう事があったから今のお前があるんだろ?」と言ってくれました。
何だろう、また少しだけ許されたような気がしました。
posted by 涼風涼雨 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年11月12日

こだわりとは、

つまらない事にこだわって大事なものを無くす人が多すぎる気がします。
私もそんな一人でしょう。
しかし、小さなこだわりや子供っぽい心が男を作っている訳で…
それを無くしてしまうと自分の魅力が無くなってしまう気もするんです。
この辺りの考えがここ1年間まとまらない。

この前の美容室オープン15周年パーティ。
あれは怖かった。
とあるダンディな男の人が実はセレクトショップの店長と言った瞬間。
半数くらいの独身女性が目をギラギラさせながら突撃していった!
何か違うと思うんです。
そういう人はお金と付き合えば良いと思う。

最近読んでいた歴史の本に書いてあったのですが、
物事の本質を見極めないといけないらしいんです。
恋愛であれば、何を求めるのか。何があれば安心なのかを突き詰めると良いのかもしれません。
また一つ自分の事が分かってきまして、、、
私は連絡が無かったり、会えなかったりするとダメなようです。
過去の経験を引きずっているのでしょうが、過去があるから今の自分がある訳でして。
こればっかりは仕方有りません。

はー、あれこれと男らしくしようとしていても、本質的には女々しいのかもしれん。
posted by 涼風涼雨 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年08月27日

ふと疲れた時

繁忙期も終わり、夏が終わる。
やれやれ。ようやく少し肩の力を抜く事が出来る。
と思った時に妙に疲れるものです。

そんな時はふとした事に不安を感じたり考え込んだりします。

ここの所あまり書いていませんでしたが、ちゃんと恋愛関係も頑張っているんですよ!
けども恋愛って頑張るものだったかな。
周りの人から後押しされたり、茶化されるほど疲れを感じる。
時々ほおって欲しくなるけど、全く構われないのも嫌。

色々と考えた結果、恋愛に不安を感じすぎるのだろうという結論に達しました。
こればかりは仕方が無い。
そういうものと思い、せめて自分に疲れを与えないように生活していこうと思います。

人の話を聞く癖のある私は自分の話を自由に出来る人があまりおりません。
これも非常に危険な事なのかもしれない。

とりあえずもう1回レフを飲みにバロッサかバルバロッサに行こう。
posted by 涼風涼雨 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年07月25日

祝!後輩の結婚!

仙光花火。
高校時代に結成した音楽ユニットです。
私が作曲した曲を歌ってもらい形にする。
それだけの活動内容でしたが自分の青春の1ページでした。

一番最初は3人。
私と後輩2人。その後輩2人が気が付いたら付き合っていたんですよね。
自分の知らないうちに…!
あの時は凄く嬉しかったなー。

その後活動は疎遠になり、時々集まって飲んだり話す程度になりました。
それでも昔の思い出は色褪せません。

そんな2人がついに結婚!付き合って10年!
私の知らない色んな事があったでしょう。
乗り越えてきた事の数だけ絆は深くなったと思います。

自分の事のように嬉しい!
報告が来たときは思わずガッツポーズしてしまったね!

昔は2人に何かを与えられたら、先輩っぽくしてあげられたら。と思っていました。
今になって思うんです。
2人からどれだけ支えられて勇気付けられてきたか。

そんな2人にどうやって感謝の気持ちを伝えれば良いんだろう。
少し考えて見ます。
今日の帰り道は凄く空が綺麗でした。
posted by 涼風涼雨 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年07月21日

自分に厳しく人に厳しく…

どちらかというとストイックに行動している方が好きです。
自分を鍛えたりするのも好きですし、
細かなマナーや服装にも厳しかったりします。

問題は人に対してもそういう目で見てしまうこと。

こうすべきだ!
という頭の固いおじいさん的な発想で居る時もありますし、
後になってから説法する時もあります。

こういう部分をもっと丸くしていきたい。
まだまだ度量の狭い男だと思うのです。

しかし、自分が正しいと思っている事を続ける事が自分らしい生き方でもある訳で、、、
この辺りの考えをどうやったら柔軟にしていけるのか。
その方法が分からないのです。
歳を取れば分かるとは言いますが、どういう事なのだろう。
posted by 涼風涼雨 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年04月11日

暗い美人

水曜日は仕事が定時!
喜び勇んで帰りたいところですが、本日はパスポートの申請手続きへ。

受付の方が凄くお綺麗な方でして・・・!
しかし、非常に残念な対応でした。

声が小さく何を言っているのか分からない。
眼を合わせない。
ただ、紙を見ながら事務的な説明を相手の様子を見ずに語っている。

たまたま体調が悪かったのかもしれませんし、
入社して間もない方なのかもしれません。

そこは置いておいて、人の魅力は内面から出てくるものと言う事を確信した出来事でした。


暗い美人より明るい普通の人とは良く言ったものです。

健康的で積極的で、且つ少しおっちょこちょい。
このくらいが一番良いと思う。

物事から逃げる人よりも挑戦して失敗する人に魅力を感じる。
この辺りの事も同じような意味合いですよね。

自分に自信が無かったり、コンプレックスがあるとうつむきがちになります。
人の魅力というのは、マイナス要素を簡単に打ち消してしまいます。

相手を徹底的に誉める会なんてあったら面白そうですよねw
posted by 涼風涼雨 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年03月12日

ポジティブな言動

人として一緒に居て楽しい人が居ます。

そういう人たちを思い浮かべている。

一緒にご飯を食べると、それだけでご飯が美味しくなるような人たち。
彼らは喜びを身体全体で表します。
まず、目を閉じる。
叫ぶ。踊る。グレイトと言う。

買い物をして楽しい人たち。
彼らは何に対しても「あ、それ良い!」という。
別のものを手に取ると「あ、、、それも良い・・・」という。

一緒に居て安心する人たち。
彼らは「俺に任せとけ。」という。時々失敗するけど。

ポジティブな人は一緒に居るだけで楽しい。
何をしていても楽しいし、何も無くても話しているだけで生き生きとしてくる。
そこに外見的な何かは必要ないし、歳・性別も関係は無い。

元気で健康的である事。
いろんな事に挑戦したいなら、そこの原則を忘れてはいけないと思うんです。
すると、自分に自信が湧いて来る。人生が楽しくなってくる。
そんな人たちと一生付き合っていきたいものです。
posted by 涼風涼雨 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年03月03日

自分の事を好いてくれる人と

最近、自分の事を直球的に凄く好いてくれる方がいらっしゃいまして。
(さらっとした感じで)

外見的に好みという訳ではないのですが、非常に楽で癒されています。

恋愛で一番大切なのは思いやりかな?と考えるようになりました。
相手にああしろ、こうしろと言うのではなく。
率先して自分から良い意味で相手の好みに変えていく。
そんな関係の二人が成長し合って良い関係になるんじゃないかなと思うんです。

今まで色んな人と会って来たが、このタイプの人は初めてあったなー。
ちょっと今年も面白い1年になりそうです。


そうそう。これも良く書いている事ですが、、、
「私の事を幸せにしてっ!」という人は苦手です。
幸せは自分で感じるものであって、人から貰う事ではありません。
どんな人であれ自分を幸せにしなければならない。という義務は無いはずです。
お互いに幸せになっていく。
一緒に居ると成長しあえる、楽しい事がより楽しい。
こういう事を感じられる事が大切だと思っています。

男と女は別の生き物と言われますが、人間には違いありません。
一生の目標や考えはあって当然かと思います。
お互いの行動を尊重しあい、且つ信頼できる。

うーん、これも奇麗事なのかなぁ。
posted by 涼風涼雨 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年01月22日

幸せの責任

ふと思う事がありまして。

幸せの責任をどうして人に押し付ける事が出来るのかと。

趣味・やりたい事が無く、憧れや華やかさだけがそこにある。
自分が選んできた人生に対して、他の人生に責任を取れ!といっても無茶なものです。

自分の人生の目的・幸せ。相手の人生の目的・幸せ。
それを支えあい、助け合って生きていく関係が良い形なのではないかと思っています。

だから、幸せは責任云々の話ではなくて作り上げるものではないでしょうか。
幸せにしてー。じゃなくて、幸せになろうね。という違い。


自分から音楽や創作を犠牲にする事は出来ても、
相手から強制されて犠牲にする事は出来ない。
かといって、TVやドラマを見て人と会話を合わせる事も好みでは有りませんし。
果たして私はどうしたいのか。
という事を悩んでいる今の時間。
posted by 涼風涼雨 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年01月18日

歴史は繰り返す

2歳年下の同僚の子が居るんです。

今朝話をしたのですが、、、
5年くらい付き合っていた彼女さんと別れたとの事。

おいおい、何と言う事だ、、!
自分も彼と同じ年齢、彼と同じ月に別れましたよ。

長く付き合ってきてこの年齢になると、個人の付き合いじゃなくなってくるんですよね。
家族間の付き合いになるというか。
そこで合わないと一気に崩壊してしまう。
悲しい事です。

相当落ち込んでいたな。自分も少し初心を思い出しました。

1度失意を経験すると面白い男になれるものです。
彼もより深みの有る男になるでしょう。

------------------------------------------------
そうそう、最近私が感じた事なのですが。

「自分なんて、、、」とか、「あいつばっかり、、、」とか、
マイナスの心境に陥る時がありました。
自分を責める日々もありました。

しかし、ふと思ったんです。
私自身が私の幸せを願わなくて、幸せになれるはずが無いじゃないかと。

神様に「俺、あれから悩み続けたからもう良いでしょ?」と言いたい時もありました。

神様は居ません。
居るとすれば私の心の中に居ます。
神様にそうやって話しかけたという事は、
私が私を許してあげられる心境になれたんだと思います。

知らない内に恋愛において自分を責める事がインプットされていました。
これからは、幸せになれるよ!という考えをセットしていこうと思います。
posted by 涼風涼雨 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2012年01月16日

恋愛願望

会社にて

お前ももう27歳かー。30までには結婚だなー。

という感じの事を言われます。
もう結婚に関しては皆さん話題に出してくれるようになりました!
嬉しい事です。

結婚願望、、、
1度は考えた人間ですし、それなりにあります。
孤独という事に耐えられないので、常に外出したり人とのやり取りを求めます。

しかし、最近思うのです。
思ったより自分は凡人ではないのではないかと。
別に天才とか秀才と言う訳ではありません。
変わった人間だと言うのです。

間違いなく多趣味です。
何かを作るという事に人生の喜びを感じます。
物事に没頭しだすと周りの気遣いが出来なくなります。
人と話す時は人と話せる空間を作らないと出来ません。
何かを見ながら、何かをしながらと言う事が出来ないのです。

恋愛に関しても、一度走り出すと周りが見えなくなるタイプ、、、。

自分にはよほどの変わり者か寛容な人ではないと合わないだろう。

今度、岐阜市内でやななにでもあったら口説いてみるか、、、。
posted by 涼風涼雨 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2011年12月27日

安心感の力

人を安心させる力が欠けていたのかな。と最近思います。

人の話を聴く事が安心に繋がるものだと思っていたんです。
しかし、それだけでは無かったんです。

例えば、話をしてくれる事に安心する人も居る。
誉めてもらう事・認めてもらう事に安心する人も居る。

何がその人の安心や癒しに繋がるのか。
そこを考える事を怠っていました。

ただ、人に奢ってあげたり物をあげたりする。
それは自己満足に過ぎなかったのかもしれませんね。


自分についての課題は沢山有る。
来年も色んな地方で色んな人と会う事があるでしょう。
その時には、より成長した自分でありたいものです。
posted by 涼風涼雨 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2011年12月18日

ここ最近の、、、

相変わらず、恋愛だけは進展がありません。

ご飯くらいは色んなグループと行くのですが、
自分と合う人が見つからないんです。
大概は・・・
こっちが良いと思うと相手は普通で、相手がこちらを良いと思うと、こちらは普通という。
良くあるパターンです。

今年のクリスマスも色々と頑張ってみたのです。
が、どうやら恒例のHeugaで一人忘年会になりそう。
こればっかりは仕方ないね。


出会いのために何かを始める。というのも本末転倒ですし。
急がず焦らず、自分の好きな事をしていれば良いか。


いつまでたっても創作やジムは続けていたい。
となると、打ち込める何かを持っている人としか合わないだろうし。

いやいや、そういうのは全て置いていて。
肩の力を抜いて話せるような人とが一番合うのか。
となると、やっぱりあの時ああしていればーー。
などとグダグダと考え込むような時もあります。

まぁ、仕方ない。それも自分ですから、無理して抑えたり変えようとする事は止めました。

Heugaで久々にブルーチーズとポートワインでも飲んでボーッとするか。
posted by 涼風涼雨 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛